FC2ブログ

螺旋階段

もう3月も残り僅かというのに、今日は一日冷たい雨で、外出するのも億劫でした。

さて、タイトルの「螺旋階段」ですが、これは私がイメージしている書道の成長の図です。普通、一般的に成長をイメージすると右肩上がりの直線、もしくは曲線だと思いますが、どうも書道においては当てはまらないように感じるんです。

螺旋階段を真横から見ると、ぐるぐるとうねりながら上昇、見方によっては上昇するのにぐるぐると回り道をしている。また、真上からみると円を描いている。つまり螺旋階段上での位置をを語るには、真横から見て下から(または上から)どこに居るか、そして真上から見て円周のどのあたりに居るか、少なくとも2点を把握する必要があります。

書道の上達は、筆使いは勿論のこと、墨つぎ、道具の使い分け、手本の理解力、創作になれば構図・構成力、空間への意識、墨色、落款、印の色、表装のイメージ、作品を生む発想力、集中力、体力・・・まだまだありますが、様々な要素をまんべんなく学ばなければなりません。だから筆使いは完璧でも必ずしも秀作とは言えない訳です。書写と書道の違いはここにあるとも言えます。

螺旋階段の話に戻ると、こういった様々な要素は螺旋階段の上から見た円周上に散らばっていて、書道を学ぶものは一歩一歩、階段を上がる毎に、その要素にも出会いながら上昇していく。これを繰り返し、一周すると上から見ると最初と同じ地点に立っていても、横から見ると何段も上の位置に居る。

何て時間のかかる道なんだろうと思います。一段上がって、今までとは別の世界を見てはまた勉強する。でも少しずつだけど高い位置へ行けると、だんだん広い世界が見渡せるようになる。

でも螺旋階段には限界がない。自分が行きたいと思えば、階段はどんどん作られ、一層高い位置へ行け、沢山の世界を見れるようになる。疲れたら休んでも良い。そしてこれは他人との競争ではない。

自分のペースで一歩一歩登れば良い。

スポンサーサイト



コメント

はじめまして

1ヶ月ほど前にこちらのページを偶然見つけ、それから読ませていただいています。
書道への想い、考え方、取り組まれていること、書かれた文章が心に響くことが多くとても勉強になります。
今日のお話もそうだなあと思いながら読ませていただきました。
こちらを訪ねると、自分では上手く説明できない書道の魅力に気づき、自分が書道が好きだということにもまた気づかされます。
こんな先生に教われたらいいだろうなあと思いました。
自分のペースで・・・私も勉強を続けていこうと思います。

Re: はじめまして

Tomokaさん、はじめまして。

ご訪問、どうもありがとうございます。
書道の魅力を表現するのは本当に難しいですよね。未だにわからないことばかりです。
今日から書道仲間として、離れていてもどこかで繋がっているという気持ちを大切に頑張りたいですね。
書道はやっぱり長く続けることが一番大切だと思っています。無理せず、自分のペースでお互いやっていきましょうね。

Tomokaさんの

> こちらを訪ねると、自分では上手く説明できない書道の魅力に気づき、自分が書道が好きだということにもまた気づかされます。

という気持ち、素敵ですよね。自分の内面に改めて直面すると結構、新しい発見ってあるものですよね。

ありがとうございます

離れていてもどこかでつながっているという気持ち・・・書道を通してたくさんの人やモノと出会うことができ、ありがたいなあと最近しみじみそう思います。

今年の11月に個展を開かれると知りました。
伺わせていただきたいなあ・・・と思っています。東京には弟がおりますので、泊めてもらってついでに東京観光もしようかと。

書道仲間・・・なんて言っていただけて恐縮です。
これからもコツコツ頑張っていこうと思います。

こちらこそありがとうございます

私も同感です。書道は基本は一人で黙々と書いていく作業ですので、人との関わりがなくてもやっていけますが、やはりそれだけでは味気ないですし、作品の幅も広がりませんよね。

そうなんです、11月に久しぶりに個展を開催するのですが、まだまだ作品が仕上がらず、少し焦りが出てきました。どんなにやっても完璧はない世界なのでもう少し肩の力を抜ければと思うのですが、まだそのあたりのバランスのとり方は出来ないですね。焦りや不安を向き合うのも修行と思い、何とか書いておりますが。Tomokaさんにお会いできるかもしれないと思うと頑張れそうです。まだまだ勉強不足ですので、もし東京まで足を運びになられるのでしたら、ご高覧のうえ、アドバイス頂ければと思っております。

少しずつ春の気配を感じられるようになりましたね。とはいえ、季節の変わり目で気候が不安定でもあります。体調を崩さないよう、お過ごしください。
非公開コメント

プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。
レッスンの詳細はホームページ
(https://www.miho-ismt.com)をご覧ください。
お問い合わせはホームページ、または本ブログのメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード