中国旅行記 ~その3~

9月も下旬、一年の中でも一番過ごしやすい季節ですね。美しい秋が長く続いて欲しいものです。昨日は教室に通う子供から運動会の話を聞き、自分の頃の運動会を思い出し、少し懐かしく、そしてあの頃は過去なんだという思いを改め、子供達には今という貴重な時間を大切にしてほしいと思いつつ、一週間の仕事を終えました。

なんともスローな更新で、そろそろ旅行の記憶も薄らぎつつあるので、さっさとまとめてしまいたいと思います。今回は「その3」として、今回の旅のテーマ「北魏の書を訪ねる」からは外れますが、書道にまつわる史跡を他にも見てきましたので、それらをまとめます。

1 河南博物院
鄭州にある博物館で、河南省で発掘された多くの青銅器、甲骨文字が彫られた甲骨の展示は見ごたえがありました。解説もしっかりしていて、かなり充実した博物館でした。時間の都合で、限られた時間しか滞在できませんでしたが、もう少しゆっくり見たかったです。青銅器の金文や甲骨文字は創作のヒントの宝庫です、いつか作品に結び付けたいと思っています。

hakubutu1.jpg
hakubutu2.jpg

2 王鐸故居
洛陽の郊外に王鐸の住宅跡があり、展示もされています。実は近年、私はとても王鐸が好きで、ここには絶対行きたいと日本を発つ前から強く思っていたので、着いた時は嬉しかったです。ここへは洛陽からタクシーを利用するしかありません。片道、30分ほどでしょうか。周囲はかなりの田舎町ですが、当時、大臣まで勤めた王鐸ですから、一派な佇まいでした。帰国してからも、時間があれば王鐸の字を眺めています。あの連綿のリズム、ほんの少しでも真似出来たらなぁ。

outaku1_201409272201222d4.jpg
outaku2_20140927220210f46.jpg


3 千唐志斎
こちらも洛陽の郊外にあります。墓誌銘の収蔵では恐らく中国一番という事で、本当の事を言うとあまり墓誌銘には興味が無かったのですが、せっかくの機会ですので、またタクシーで行ってきました。こちらは個人のコレクションだそうで、その人の住宅跡に展示しているので、綺麗な庭園もあるのですが、どうも展示が雑で(中国では良くある事ですが)、貴重な墓誌がちょっと可哀そうでした。

boshi1.jpg
boshi2.jpg

今、振り返れば「あそこにも行きたかった」、「あれもしたかった」という思いは、やはりあります。次回はいつ行けるのかわかりませんが、山東省はもっとじっくり見て回りたいと思っています。

次回の更新では、番外編として書道関連以外で行った場所、見た物、感じた物についてご紹介しようと思っています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。お問い合わせはメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

大文字の揮毫(パフォーマンス)、アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード