FC2ブログ

主役と脇役

ゴールデンウィークも終わり、東京では一気に初夏のような陽気の日もあり、一年の中でも一番過ごしやすい季節を迎えました。外を歩るくのが気持ち良いですね。

今年のゴールデンウィークは、やはり個展に向けて創作中心の生活となりました。でもだいぶ作品も仕上がり、上手くいけば夏には少しオフが取れるかな、という状況です。また、子供からシルバー世代まで指導しているせいか、色々なご要望を頂き、その声に少しずつお応えできるよう、隙間時間はレッスン内容の見直しや資料収集もしています。これは仕事の幅を広げる良い機会ですから、楽しく試行錯誤を重ねています。例えば左利きの人への指導に向けて、私自身も実際に左手で書いて実体験し、右手の場合と左右対称にすればいい、ではないという事を自ら経験しています。

さて、タイトルの「主役と脇役」。創作していて、調子も良く気分も乗って来て、どんどん書き続けたいと思う事があります(当然、その逆もあるのですが)。どんどん気持ちが高ぶり、もっと上手に、素敵に、目を引くような作品にしたいと思うわけです。そしてその結果、全ての字が「主役」になってしまったという事がよくあります。自分としては、持てる力を出しきった、なんて自惚れている瞬間ですが、師匠に見て頂くと、「全部の字が張り切り過ぎて、どこを見ていいか分からない」と言われます。もう、何度この言葉を言われたか。全部が優等生の仕上がりだと、全体としてはかえって見栄えしなくなってしまうのです。

主役を引きたてる為に、脇役は敢えて控えめに留めておく事。これが私の今の課題の一つです。敢えて力まず、淡々と存在する美。そしてその脇役があってこそ主役が生きるのですから、脇役は決して適当な存在ではなく、どちらもお互いを必要とするもの。芸術での脇役とは、主役との主従関係ではなく、相互関係なんです。

私なりに修業を重ね、頭では理解できるようになりましたが、これを無意識にできるようにならなければ一人前ではありません。まだまだ半人前ですが、こうして自分の課題が明確に見えてきた事も事実です。少し前では見えていた世界はもっとボヤけた世界でした。

しかしこの主役と脇役、生き方にも通じるように思います。自分の優れた点に目を向けず、劣っているところばかり埋めようとするあまり、自分の長所が分からなくなってしまう事、あると思います。短所を補う努力は絶対に必要ですが、その一方で長所がくすみ出したら本末転倒。

ついでにもっと言うと、書道では墨書全てが脇役であり、余白の紙の白色が主役という作品もあるのです。決して手抜きではなく、意図的に主張せず静かに書きあげる。

創作においても、生きていくうえでも、必要以上に力まず淡々と、自然体で楽しくが一番ですね。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。
レッスンの詳細はホームページ
(https://www.miho-ismt.com)をご覧ください。
お問い合わせはホームページ、または本ブログのメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード