変わるものと変わらないもの

ちょっと更新をサボっていたら、もう4月も中旬!新年度も始まり、子供のレッスンの問い合わせを頂いたり、企業内のサークル活動ではメンバーが増えたりなど、有難いばかりです。個展の作品創作もだいぶ進み、昨日はこれまで書きあげた作品を全部見直し、撮影し、これから何を足し、何を引くか、、、あれこれと考えていました。

さて、全く話題は変わりますが、今朝の新聞折り込みチラシの中の一枚を見た時、「ああ、これだったな」と少し懐かしく、少し深く考えた事がありました。

logo2

企業名のロゴ、中国では殆ど毛筆書体なんです。中国に行くと、空港に到着した瞬間から目に入る広告や看板、全て個性のある毛筆体で、私の目は見逃さまいとキョロキョロして、時に立ち止り、時には撮影までしています。私の目には個性溢れるものと映り、格調の高さだったり、親しみだったり、正確さだったり、長い歴史だったり、、、色々なイメージを想起させてくれます。

何故、私はあれだけ滞在中に辛い?思いをしても、また中国に行きたくなるのか。自分でも不思議だけれど、その答えの一つはこれです。筆で書く事に対する誇りを随所に感じ、自国の文化を大切にしていると肌で感じます(勿論、全ての字が上手い訳ではないし、中国ならではの強制されている部分もあると思いますが)。

でも日本の看板や企業ロゴ、私には没個性と感じます。似たような雰囲気、似たような書体、何を見ても「どこかで見たような」気がしませんか?私が今、日本のグローバル企業で、毛筆を用いたロゴとしてぱっと思い出すのは出光ぐらい。他は和菓子屋さんや和食レストランなど。最近の居酒屋やテレビ番組タイトルなどは、あまりにもひどい字で私の感覚では書道のカテゴリーからは外れます。

きっと、はじめは毛筆体にある堅苦しさや、日本や東洋寄りのイメージから離れようとしたのだと思いますが、誰もがその方向に走れば途端に陳腐なものになってします。逆に堅苦しさや日本、東洋っぽいイメージにある強さやしなやかさ、揺ぎ無いものに目を向けると、どこにも負けない個性として光を放つ様な気がします。日本独特の平仮名や片仮名に対してはもっと大切にしてほしいし、確かに中国で生まれた漢字文化ですが、日本にも優れた能書家は沢山いたし、現在において、書法の習得や追求に対しては中国よりも日本の方が遥かに盛んで真面目に取り組んでいます。

日本文化はあらゆる文化を受け入れ、それを改良し、更に解釈を与え、新しいものを作り出す柔軟性を持っていますが、最近の文字に関しては私はあまりにも源流を疎かにし過ぎていると感じています。普段の手書きの文字についても、年齢の割には幼稚な字を書く人が本当に多い。これはもはや仕方なく諦めるしかないのかもしれませんが、本当に残念で悲しい事です。

時代と共に文化は変わるもの、でもそのなかで一筋の鋼の軸は失いたくない。何を変えて、何を変えないか、実はこの見極めが一番難しいのだと思います。本物を見極める目がなければならないのですから。

本物を見極める目を持ち、頑固と言われても大衆に迎合せず本物を書き続けていきたいと思っています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。お問い合わせはメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

大文字の揮毫(パフォーマンス)、アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード