FC2ブログ

街で見つけた字

8月も下旬というのにこの酷暑。でも空を見上げた瞬間とか、日の出や日の入りの時間で少しずつ秋を感じます。確かに時間は巡っている。

先日、個展でお世話になる画廊へ使用料を支払いして、少し身が引き締まる思いで家路につき、自宅近辺で買い物をしていた時、ふとあるお店の看板が目に入りました。普段からしょっちゅうそのお店の前を通っているにも関わらず、初めてそのお店の看板に目を留めたといっても良いぐらいそのお店の看板に目を向けた記憶が無く、この時、運命的に「対面した」という感覚に襲われました。

「良い雰囲気を持つ字だな。味わいがあるし力みがない。でも字の格調は保っていて素敵だな」というのが最初の印象でした。どこかで見た事がある感じがし、もしかしたら・・・と思って看板の落款を確認したらビンゴ!でした。

そう、何と中村不折の字だったんです。彼は明治・大正・昭和時代の画家でもあり書家でもある芸術家で、書道を勉強する者なら誰でも知っている人物です。独特の世界観を持ち、大らかさと気力のバランスが良く、書道の世界を知れば知るほど、彼の作品の大きさを感じるのです。あんな風にさり気なく存在感のある字を書けたらな、と思わずにはいられません。彼は多くの有名な看板やロゴ文字を残しているので、不折の名前は知らなくても、その字を見た事は誰でもあると言って良いほどです。例えば「新宿 中村屋」の字もその一つ。

kanban.jpg

これがその看板。慶応大学近くの大阪屋という和菓子屋さんです。

もっと街の中でこのような素敵な字に出会えると良いのですが、残念ながら今はお店の看板にしても、ロゴに使われる字にしても品のないものが多く書道を学ぶ者としては「またか・・・」と辟易する事が多いです。日常、目にする字が良いものであれば書道への意識も変わるだろうし、格調高い字に囲まれた字で生活すれば、自ずと良い字を見極める目も養われるだろうと思うのですが、現在は逆行しています。

「もはや書道は日本人にとって最も馴染みある芸術ではなくなった」とは昨日、師匠が言っていた言葉。悲しいけれど現実だと感じています。せめて現存する良いものを大切にし後世に残していきたいものです。

個展に向けて少しずつ草稿を書きだし創作モードに入ってますが、「落とし所」が難しいなあと悩む毎日です。玄人向けの字ばかりだと素人には理解できない、素人向けに迎合したくはない、そうなると両方を混ぜていくしかないのですが、全体としての統一感も必要です。今回は捨てる作品を勇気を持って作るつもりです。



スポンサーサイト



プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。
レッスンの詳細はホームページ
(https://www.miho-ismt.com)をご覧ください。
お問い合わせはホームページ、または本ブログのメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード