FC2ブログ

遊びから学ぶ

6月ですね。早いもので今年ももう半分が過ぎようとしているんですね。

先日のレッスンは、すっかり相手(小3の女の子)のペースに飲まれてしまい、ゆったりと言えばいいですが、だらけていたともいえるし、でも楽しい時間でした。レッスンでは時間を半分に分けて前半は硬筆、後半を毛筆にしているんですが、前回、割と良いペースで硬筆が進み、テキストの課題(カタカナ)をどんどんこなしてしまったので、「次回はテキストから離れて、もっと自由に自分達で課題を見つけてやってみようか。カタカナの言葉の「しりとり」しながらも楽しいかもね・・・」なんて私が言ってレッスンを終わったのですが、それをしっかり覚えていて、レッスンを始めるや否や、「先生、今日は約束通り、カタカナしりとりやろう」と。子供に嘘をつく指導者はいけませんよね。で、結局約束通りやりました。

私:「じゃあ、最初はやっぱり「ア」からね。じゃあ、「ア」のつくカタカナの言葉なーんだ?」
生徒:「うーん・・・ちょっと待ってて」
私:「いいよ、でも早い者勝ちね」
生徒:「ええと、ア、ア、ア・・・」
私:「どう、みつかったかな?」
生徒:「うーん、ア、ア、ア・・・」
私:「先生、みーつけた!」
生徒:「えっ!なになに」
私:「アメリカ」
生徒:「あっ、ホントだ」

で、私がその場でノート赤ペンで大きく「アメリカ」とお手本を書き、それを生徒が書く。生徒の書きぶり(姿勢、鉛筆の持ち方、筆順、字形)はしっかり指導。

私:「じゃあ、次は「カ」のつくカタカナだよ。また早い者勝ちだからね」

以下、この繰り返し。
約40分で10の課題をこなしました。

遊びの要素が大きいですが、3年生の子供に集中力の持続は限界があるし、楽しく継続していくにはメリハリは絶対に必要なんですね。実際、この後の毛筆の出来栄えが素晴らしく、普段と比べ明らかに集中力もあり、リラックスして素晴らしい清書を仕上げる事ができました。何しろ、書いた本人が自分の書きぶりにとても満足していました。お陰さまで、今回のレッスンは私にとってはとても良い経験となりました。今後も、時折、相手に合わせて、色々な遊び感覚のレッスンを試みてみたいと思っています。

レッスンといえば、この週末に新たにご依頼をいただきました。大変ありがたいことです。私も指導を始めた当初に比べればだいぶ余裕が出てきましたが、まだまだ毎回緊張しながら、内心ヒヤヒヤしていますが、レッスンを通して多くのことを学ばせて頂いております。とても遣り甲斐を感じています。

で、ラストは今日も先ほどまで書いていた臨書の写真のアップです。

ito2.jpg

今回も前回同様、橘逸勢です。あと少しで終わり。いつも終わりが見えてくると愛着が湧いてくるんですよね。
この次に取り組む古典も心の中で決めました。
ああ、やらなきゃいけないこと一杯!(いいことだ)





スポンサーサイト



プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。
レッスンの詳細はホームページ
(https://www.miho-ismt.com)をご覧ください。
お問い合わせはホームページ、または本ブログのメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード