FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教える事は学ぶこと

今年は暑さが厳しいと予報されていましたが、毎日の暑さは予想以上ですね。実家のある北海道まであの暑さです、普段エアコンに馴染みのない道民は苦労していると思います。とはいえ、東京はまだ梅雨明けしていないんですよね。この先が思いやられます。とにかく体調管理をしっかりと!ですね。

個展終了の報告後、暫くブログの更新がないまま、先日いきなりレンタルサービスの紹介をしましたが、この間も色々な事がありました。レッスンは途切れませんし、個展の残務作業をしながら、自分へのご褒美旅行に行ったりと、それなりに盛り沢山でしたが、ある嬉しい「変化」がありました。それはレッスン内容なんです。

個展を見に来て下さった生徒さんグループが、自発的に古典書道を学んでみたいと言ってきたのです。

私は全ての生徒さんに対し、一律に同じ手本や競書をもとに指導するのではなく、ひとりひとりの意向を確認しながらお手本なり、学習教材を選んでいます。書道を習うといっても、「自分の字にコンプレックスがあるから、せめて自分の名前ぐらい恥ずかしくない程度に書けるようになりたい」、「書道をしている時間の静けさが好き、墨の香が好きだからやりたい」といった人から、「子供の頃からずっとやっていたから、大人になって本格的に再開したい」、「やる以上は上を目指したい」という人まで、目的や目標は様々だからです。

ただ稽古を進めていくと、現状に留まらず、もうちょっとだけ向上心を持てば、一段と素晴らしいものになりそうな人がいるものです。でも本人が望まないのに、私が一方的にやりなさい!と押し付けるのも双方に苦痛があるし、私が何が何でも説得すべきことでもなく、最終的には「これが本人が望むことなら、現状が丁度良いのだろう」と思うようにしているのですが、現在、まさにこのような生徒さんグループがあるのです。このグループは全員初心者としてスタートした集団ですが、ほぼ基本は身に付き、人によってはかなり筆達者な方もいるので、何度か古典書道をやってみてはどうかと提案しつつも、その先へはすすまず、今後の手本をどうしようかと思案していたところでした。

ところが、今回の個展を見に来てくれたその生徒さんグループが、私の臨書作品を見て、「どこまで出来るかわからないけれど、ちょっと触りだけでも古典をやってみたい」と自発的に言ってきてくれたんです。

これは本当に嬉しかったです。そして同時に「そうか、口であれこれ言うよりも自ら(形や状態を)見せるべきだったのか」と学びました。

こんな嬉しい変化があり、今月のレッスンから新しい教材を渡し、古典書道を学ぶうえで知っておくべき内容の講義も交え、新しいレッスンスタイルがスタートしました。この先、どうなりますやら。何せ古典の世界、学ぶ方も大変でしょうが、こちらも相手の状況を確認しつつ、ゆっくり、じっくり、焦らず一歩一歩です。そして何よりも、自ら新しい世界を学びたいと感じた気持ちにお応えしたいと、今は責任感と嬉しさで一杯です。

koten_shiryo.jpg

いつも感じる事ですが、教える事から学ぶことは私の財産です。この経験の積み重ねが、私を強く深く、しなやかに育ててくれます。

因みに今回の個展で発表した臨書作品は2つ。一つは王羲之の「十七帖」、もう一つは「開通褒斜道刻石」。この生徒さん達は「開通褒斜道刻石」を見て「古典を学びたい」と感じたんだそうです。作品の良し悪しは個人の感じ方で結構ですが、自分では「開通褒斜道刻石」の持つ雄大さは存分に表現できたと思っている、気に入っている作品です。

kaitsu.jpg

今回の出来事は今後の励みにもなりました。まだまだ学ばなければならない事は多いですね。暑い日が続きますが、地道に精進を重ねたいと思います。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



スポンサーサイト

見事に受賞しました!

秋の訪れとともに雨模様が続きますね。朝晩は涼しくなりましたが、夏の疲れが出てくる頃でもありますね。毎年、9月に入ると年末まで一気に流れ込むように時が進んでいくような気がします。何をするにも最高の季節の秋を楽しむ事を大切にしたいですね。

実は、、、以前のブログでも書いていた生徒さん二人が初挑戦した公募展ですが、その審査結果が届き、なんと二人とも上位の賞を見事受賞しました!二人からそれぞれに報告を受け、その度に自分の事のように嬉しく、心の中では嬉し涙が流れ続けました。二人とも、本当におめでとう!

出品する事が決まってから提出まで、真剣に書き続けました。一年で一番暑い中、週末には特訓もしました。私は入選すればいいや、ではなくやるからには賞を目指すべきと、それなりの指導を続けました。二人にとっては少々キツかったようですが、受賞結果を手にして、「やってみるもんですね」と、大満足の様子。

私は常日頃から、必ず実力に繋がる指導を心がけています。検定にしろ、展覧会にしろ、挑戦する以上はパスしなければ意味が無いと思っています。貴重な時間を割き、それなりのお金をかけ、体中が筋肉痛で痛くなるほどの思いをして、結果が伴わないとは、それは指導者の力量だとも思っています。頑張る人の努力を絶対に無駄にしたくない、頑張ったら頑張っただけのものが自分に返ってくる、そんな書道のあり方を実践しているつもりです。とはいえ、私自身がまだまだ未熟ですから試行錯誤しながら、迷いながら、手探りしながらの毎日なんですが。(当然、失敗もあるわけです)

少し辛くでも仲間が居れば刺激し合い、切磋琢磨しながら頑張れる、続けられる。それが結果を生む。結果が伴えば、辛くても努力する事に価値を見出せ、次のステップにも挑戦しようと思える。こんな好循環が理想ですよね。実はこの経験を通して、出品した1人の生徒さんは、毎朝、臨書をするようになりました。仕事前のちょっとした時間を臨書の時間に充てたそうです。念の為に言っておきますが、決して暇な方ではありませんよ。大きなプロジェクトを手掛けている多忙な方です。

今回の経験を通して私も大いに学びました。そして励まされました。私もまだまだ色々な事に挑戦したいと思っています。

二人が出品しているのは、「東京書道教育会 合同開催 第33回 書芸選抜展・第30回 紅霧書展」です。
会期:10月19日~24日
会場:東京芸術劇場 5Fギャラリー

ご興味ございましたら、ご高覧頂ければ幸いです。

********************************************************************
レッスンや作品制作、パフォーマンス等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

もしくは
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************




他分野からの刺激

今日は暑い、本当に暑いですね。室内にいても少し体を動かすだけで汗をかきます。水分補給、温度設定、キチンとしましょうね、お互いに。

そして暑いのは温度だけじゃない、リオからメダル獲得のニュース、そしてアメリカからはイチロー選手の3000安打達成のニュースで沸き立っています。

私は以前からイチロー選手をお手本にしています。思うように事が進まない時、ひたむきに練習を繰り返す時、人間だからたまに気持ちがブレたり、自棄になりそうになる時があります。そんな時、いつも私はイチロー選手を思い返し、自分に重ねてみます。そして私は「まだまだ」だな・・・と思い、もう一歩踏ん張れるんです。今回の彼の会見内容をテレビや新聞で接し、改めて彼の生き方、考え方に教わる事が何と多い事かと思う次第です。イチロー選手は、常に自分と対話しながら、トレーニングを積み、試合に臨んでいた事がひしひしと伝わってきました。

さて、私の事になりますが、公募展に挑戦した二人の生徒さんの作品も仕上がりました。二人にとって初めての体験、苦しかったようです。体も痛くなるし、心も休まりませんから苦しくて当然です。でも学びも多かったようです。この学びを生かす為にも、大切なのは作品が仕上がった今からの過ごし方。提出を無事に終え、存分に開放感に浸って、心身の充電をする事は大切ですが、ある程度リフレッシュしたら、また次の一歩を踏み出さなければなりません。「やった~!終わった!」で全て終わりにしては、これまでの努力は無となります。ゆっくり、ゆっくり一段一段、積み重ねていくイメージを大切に。書道は例えば筋トレと同じ、頑張れば頑張っただけモノになりますが、さぼったら元に戻ってしまいます。語学や楽器の練習も同じですね。

二人の結果は来月に出ます。どうなることやら、私もハラハラドキドキです。

そして私の創作も進んでいます。だいぶ波に乗ってきて、新作品のアイデアは頭の中で描けているのですが、それを書いて実行に移す時間の確保が難しくもありますが、上手にタイムマネジメントしていこうと思っているところです。ゆっくり夏休みが欲しいところですが、じっくり創作に取り組みたくもあり、、、そんな夏です。

DSC_0435.jpg

こちらは週末に書き始めた作新品の草稿。子供の落書きみたいです。

暑い夏はまだまだ続きます。気が乗らない時はスポーツなど、自分とは違う分野で真剣勝負している人からの刺激が一番。沢山感動して、沢山反省して、沢山考えて、、、今年の夏を実り多いものにしたいですね。

********************************************************************
レッスンや作品制作、パフォーマンス等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(右側、プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

もしくは
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************




感謝!感謝!とにかく感謝!

やっと春が訪れてきました。今日から一気に春の日差しに包まれ、やる気が出てきたり、優しい気持ちになったり、季節の移り変わりに私達は影響されるものですね。春といえば、別れと出会いの季節でもありますね。寂しさと希望と不安が綯い交ぜになる終わりと始まりが交差する時期。

私にとって今年の春は、例年以上に別れと出会いが多く、少し心が落ち着かないのですが、仕事においては冷静に淡々と進めなければ、、、と戒めている今日この頃です。

昨日のレッスン、ここでのレッスンは私が運営する教室ではく、私が某団体が運営する書道講座の講師として、もうかれこれ5年も携わっているのですが、運営方針の変更により今月で一旦休止する事になりました。受講者はおおよそ30名。殆どの方は継続を望まれているのですが、私は講師として指導しているにすぎず、どうする事もできません。私も本当に寂しいのですが、こればかりは致し方ない、、、再開されるのを望むのみと思い、いつもと変わらない添削、指導を続けていました。

もう残り2回となった昨日、何人もの受講者から「石本先生だったから上手になったのに・・・」、「石本先生だから続けてきたのに・・・」、「石本先生との相性がよくて、これからもずっと習いたかったのに・・・」などなど、本当に本当に嬉しい言葉を沢山頂きました。笑顔でいるのが精一杯、涙がこぼれるのを堪えるのが必死でした。

本当に本当に有り難いです。まだまだ未熟な私に余りあるお言葉を頂いて、どれほどの励みになったことか。私も受講者の皆さんから沢山の事を教えて頂き、沢山のものを頂き、感謝の気持ちで一杯です。

まだ先の事は分かりませんが、受講者の有志が集まりだしました。私とのレッスンができる場を設けられないか模索し始めているようです。結果はどうなるのか分かりませんが、私を取り巻く他者同士が繋がり、動き出している事に感謝してもしきれません。

たかが書道、でもされど書道。こうして人との繋がりを持て、その繋がりを広めていくことができるんですね。とにかく楽しいレッスンを心がけ、時間の限り手を抜かず添削指導してきたことに対する神様からのご褒美かな、と思っています。もしご褒美だとしたら、これは一時的なもの。ご褒美は何もしない者に定期的に頂けないですものね。

手を抜かずこれからも頑張らなきゃ!と今、いつも以上にやる気に満ちています。
春はやっぱり素敵な季節ですね。


********************************************************************
レッスンや作品制作、パフォーマンス等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(右側、プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

もしくは
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



筆使いの「基本のキ」

梅雨空が続きますね。気温はさほど高くないものの、湿度が高くて不快ですね。早く梅雨明けしてほしいやら、でも夏本番の厳しい暑さもうんざりやら、、、でも確かに季節は巡っています。

今回は筆使いの「基本のキ」について少し技術解説を。初心者(初心者だけではないですが)を指導していると、どの方も横画と払いの筆使いに苦心されています。今回は横画についてご説明します。

横画の始筆の状態をイメージしてください。一般的な楷書の始筆は入角が45度~60度ぐらいが適当です。角度を確認して紙に筆を置いたらその状態のまま右に移動すれば横画です。こう書くととても簡単なのですが、ほとんどの方は入角の角度はほぼ大丈夫なのに、送筆部分からだんだんおかしくなり、正しく終筆がなされていません。

ところで始筆の際、紙に筆を落とした時の筆の穂先の状態について確認したことはありますか?

このように↓なっていませんか。上手い描写ではないですが、穂先全体が釣り針の形、もしくはひらがなの「し」の形になっていないでしょうか?これは紙の上を筆で撫でているような状態で、線質は弱くなります。

shihitsu2 (2)

初歩段階ではこれでも良いでしょうが、このように↓穂先が「S」の形になるように改めてみてください。

shihitsu2 (1)

腕の力を肩の付け根から肘、そして手首、最後に筆の穂先へと流し込み力を紙に注ぐようなイメージをするとよいでしょう。以外と力が要ります。常に穂先の弾力を感じれると思います。上手くできなければ、筆を上から下(紙)へ垂直に降ろしてみてください。程よい力を入れながら落とすと、紙に着地した時に穂先がバネのようにグニャリと弾力を帯び、穂先が「S」の形になります。筆を握る指もそれなりの力で握らなければなりません。

この「S」の字の穂先が出来たら、線に立体感が生まれ線質はぐっと良くなりますよ。横画の時はこの「S」の形のまま右へ異動すれば難なく終筆ができるわけです。書道は「始めよければ終わりよし」です。逆にスタートが悪ければ、悪いまま終わってしまいます。

「S」の字の穂先は横画に限らずあらゆる場面で活躍します。大字を書く時は立ったまま、中腰で書くのですが、その時にも大いに発揮します。柔らかい羊毛の筆の扱いにも、繊細な渇筆にも、あらゆる場面で必要となる大切なテクニックです。

何となく線にキレがなかったり、作品全体が重い場合は筆使いの「基本のキ」の見直しをしてみてください。それからこれはオマケですが、初心者の人はとにかく筆の運びが早い(雑)です。特に左右の「払い」や「はね」はゆっくり丁寧に最後まで自分で面倒を見ましょう。

ブログでは対面での指導はできませんので、普段のお稽古の場で先生の筆使いをしっかり観察し、上手くできなければその場で質問して解決し、自習の場でしっかり復習、予習して次回のお稽古に臨んでみてください。

長雨が続く日はゆっくりお稽古をする日としてもいいですね。楽しみながら一歩一歩です。少しずつでも着実に積み重ねていきたいですね。私も少しでも良い指導ができるようにと、時間があるときは古典臨書にじっくりと取り組んでいます。



プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。お問い合わせはメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

大文字の揮毫(パフォーマンス)、アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。