FC2ブログ

視野を広げる

立冬を過ぎ、日がどんどん短くなり秋の深まりを感じます。朝晩も冷え、少ししんみりとした気分になりがちですね。

先日、前回のブログで紹介したオーダー作品をお客様にお渡ししました。とても喜んでくださり、後日お部屋に飾った写真も送って頂きました。「想像以上に素敵」、「部屋のインテリアとの相性もばっちり」、「お願いして大正解」と有難い、いえ有難すぎるお言葉を頂き、ほっと一安心。

さて今回は「視野」について。私もそうですが、夢中になればなるほど視野が狭くなりがちです。そうなると、どんどん悪い方向に向かってしまいます。指導していても、そのような光景はよく見られます。無我夢中で頑張っている人ほど作品全体が見えなくなっているようです。まさに「木を見て森を見ず」の状態です。これではせっかくの頑張りも実を結びません。

解決には経験(時間)が必要ですが、日頃から書いたら壁に貼って見ることをお勧めします。近い距離では見えないものが沢山見えてきます。自分の作品を客観的に見て、良い部分と改善すべき部分を認識して次の一枚を書いてみましょう。私の経験からですが、このような状態になっている人は姿勢が悪い、または机面の高さが合っていない(高い)場合が多いと感じています。

余談になりますが、私も日頃のレッスンで壁に貼って見るように言っていますが、たまに「貼るのが面倒で、、、」と言う方もいます。う~ん、これはまた別の問題。先生、先輩からのアドバイスを素直に聞いて行動する事、素直さや謙虚さも大切ですよ。自分の信念を貫くところはそんなところではありません。私の師匠もよく言いますが、言われたことは例え気にくわない?事でもまずはやってみるべきです。

それから視野を広げるという意味では、筆を持つ時間以外にもできる事が沢山あります。書道関連の展覧会は常にどこかで行われていますし、本も沢山あります。情報を収集するにも便利な時代です。自分に興味のある観点から(例えば書道史、道具、好きな書家や作品など)少しずつ知識を蓄積することも大切です。毎日の生活の中、趣味の時間を捻出するのが難しい人もいるでしょうが、休日にはたまに美術館に出かけたり、書道道具の専門店に行ってゆっくり選んでみる事も視野を広げる事になります。書道に限定する必要もありません。良いものに沢山触れる時間をもつ事を少し意識してほしいと思っています。

ブログの更新がマメではなく、ついつい後回しにしがちなのですが、今後、創作するにあたり何を意識するべきなのか、臨書から創作への展開の仕方、臨書と臨書作品の違いなど、じっくり解説したいと思っています。

韜光

これはまだ草稿段階ですが、鄭道昭に代表される円筆の筆遣いを用いた創作です。ここからどんどん変化させていきます。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作などについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

ホームページからでもお問い合わせを受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



スポンサーサイト



オーダー作品

一気に秋も深まってきました。ついこの前まで半袖だったのに、今はすっかり秋冬物。季節の転換が早い!最近、春と秋がとても短くなってきましたね。一年で一番過ごしやすく気持ち良い期間なのに残念です。そしてもう11月、もう今年も終わりだなんて。

先週、危うく風邪をひきそうな状態(喉の違和感やだるさ)になったので、すぐに葛根湯を飲み、可能な限り沢山寝て、特に喉のケアを丁寧に(マヌカハニー、のど飴、常に首にスカーフ)で数日、過ごすことで、風邪をひかずにすみました。足の剥離骨折はかなり良くなり、通院も終了しましたが、長時間歩くと(といっても怪我をする前では当たり前に歩いていた距離)今もくるぶしがジワジワ痛んでくるので、ウォーキングの再開はまだ先になりそうです。

昨日、オーダー作品の額装が仕上がりました。この作品は言葉も作品のイメージも額装もお客様に伺って仕上げました。書き上げた時もそれなりに「出来たぞ!」と感じましたが、額装されると「これにて完成」という思いがズシリとくるものです。

お客様のご自宅のお部屋に飾る予定との事です。気に入って頂けるか、今は少し不安もあるのですが、早くお客様のお手元に届けたい!お渡しする前に私の自宅で記念と記録用に撮影しました。

IMG_20191029_191056_370.jpg

20191029_184312.jpg

作品タイトル: 咲
作品(紙)サイズ: 35㎝ x 27cm
額サイズ: 48cm x 41cm

この大きさなら、色々な場所で楽しんでいただけそうです。末永く、気に入って頂ければこんな嬉しい事はありません。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作などについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

ホームページからでもお問い合わせを受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



色々ありご無沙汰してました

ようやく秋らしくなってきました。でもまだ半袖Tシャツ着ていますから、やっぱり例年に比べると暑いですね。

かなり久しぶりの更新となりました。というのも先月上旬、仕事に向かう途中の駅で転び、何と人生初の剥離骨折をしてしまいました。右足首の甲の骨です。不幸中の幸いでギプスはせず、ずっと湿布にサポーターで過ごしていたのですが、2週間ぐらいは歩行が億劫でした。今、やっと湿布も終わり、見た目には骨折をした人の足には見えませんが、まだ正座のような無理がかかる姿勢は禁止されていますし、足首を伸ばすと筋が張ったり、少し多く歩くと鈍痛がする事もあります。重いものは持てないし、ウォーキングや小走りもできない。右足を庇う姿勢をとり、背中まで痛くなる、、、と人生初の大怪我があり、さらに叔父の葬儀も重なり、少し精神的に疲れました(笑)。

レッスンは通常運行ですが、創作はなかなか進みません。かろうじて半紙ぐらいの大きさの作品のオーダーを仕上げました。こんな状態ですので、割り切って指導用教材を集中的に作成し、気分転換に臨書をしていました。久しぶりに写経をした日もありました。

syakyo1

syakyo2

とはいえ、ゆっくり良くなっているのも感じています。早く治したいのは山々ですが、焦らずゆっくり治していこうと思っています。今はとにかく気を付けて過ごし、この状態でまた転んで更に悪化、なんてことが無いように一つ一つの動作を横着しない事を心がけています。

でも、こんな状況の中でも今後の仕事について新しい動きもありました。まだ具体的に決まっていない件もありますが、一つ進展としては、来年2月上旬にロサンゼルスで開催されるアートフェア「LA Art Show」への出品が決定しました。

ようやくブログへも目を向けられるようになりましたので、またゆっくり更新していくつもりです。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作などについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

ホームページからでもお問い合わせを受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



ゆっくり学ぶことは良い事だけど・・・

例年よりも涼しい7月ですね。夜は少し肌寒いくらいです。でもそのお陰で毎日のウォーキングが気持ちよく、強い雨の日以外は、2~3キロ程度を早足で歩くようにしています。全身、ジワっと汗をかき、毎日続ける習慣として数年前から定着しています。

実はこのウォーキングの時間は、脳内整理の時間でもあります。製作中の作品のこと、雑多なアイデアから新作のテーマの引き出したり、レッスンのあれこれ、指導内容の振り返り、今後の方針など、まさに内省の時間です。外の空気を胸一杯に吸い、そして吐くを繰り返しながら、難しい事は考えず、その時に頭に浮かぶ事を自問しながら歩いているうちに答えに辿り着くこともあるし、答えまでには到達しなくても、こんがらかった事がスッキリしたり、少し距離を持てて客観的に捉えられたりと、いつしかとても貴重な時間になっています。

今回は、ウオーキングしながら結論に至った学び方について。きっとこれは他の分野にも共通していると思います。

特に趣味への取り組みだとスピードや熱量は個人差が大きく、私もそれぞれの方針を尊重しているつもりです。趣味といえど、空き時間や隙間時間を上手に使って自習に打ち込む人もいれば、レッスンの時だけしか筆を持たない人もいます。個人の価値観がありますので、どちらの方針をとるのも自由なのですが、「何を目指しているのか」によって方針を決めるべきと思っています。

「何を目指しているのか」によって方針を決めるべき・・・これ、当たり前の事だと思うのですが、以外にそうでもないのです。

例えば、「展覧会に出品して受賞したい」、「ゆくゆくはゆっくりと書道の仕事(筆耕)をしてみたい」、、、などと言っている生徒さん、のんびりとレッスンを受けて帰ります。次回のレッスンまで数か月空く人もいて、その間に自宅で一枚も書いていない。筆順の誤りを何度も繰り返す、楷書の筆遣いの習得に一年以上かけても不完全な方、基本となる筆の持ち方を数か月以上注意されている方もいます。う~ん・・・う~ん・・・。

書の道(茶道や華道も)の世界は終りがないからゆっくりと、と仰る方もいます。確かにその通りです。ですが、筆順や筆の持ち方、筆遣いを身に着ける段階は、その道を究める作業にある準備段階。この初歩段階はさっさと身に着け、少しでも早く身に着けた技術を応用、展開する事に時間を割くべきです。

例えとして正かしいかどうか分かりませんが、語学を学ぶ人にとって文法や単語を覚えること、数学や物理、化学を学ぶ人にとって法則や公式を覚えること、子供が漢字や算数のドリルを繰り返すこと、といったその分野の本質を学ぶ上でどうしても初歩段階で覚え、身に付けなければ先に進めないものがあります。文法や公式について悩んでいたら、本末転倒の結果になりますよね。学びを進め、極めていくうちに「ああ、そうだったのか」と腑に落ち、より理解度が増し、世界が広がるものです。

ですから初歩段階の基本的事項については、とにかくいち早く身に付けてほしいのです。そしてその身に付けたあれこれを駆使して、失敗を伴う実験しながらその「道」を自分のペースでゆっくりと進んでほしいのです。

もちろん、最初に書きましたが、もともと「レッスンの時間だけ書きたい」とか「昇級、昇段、展覧会には興味ないし、古典にも興味ありません。毎回、ゆっくり課題を書くのが自分にとって丁度良い」生徒さんには、それなりの指導をしつつも、ゆっくり上達できるように手本を工夫したり、良い意味での妥協点を持つようにしています。

立派な目標を設定しているものの、思うような上達を感じられないのなら、自分が今、どの段階でつまづいているのか俯瞰してみてください。文法や公式、法則を身に付けないまま、レッスンを繰り返しているかもしれません。

質を高める前には量がどうしても必要なのです。量をこなしているでしょうか?その量を目の前にひるむのなら、目標の見直しをした方が楽しめるかもしれませんよ。

一年の後半もスタートを切り、年末までどのように過ごそうかと考えている人も多いと思います。今のうちにゆっくり今までとこれからを見直すのもいいですね。私も後半に向けて少し具体的なプランを立ててみるつもりです。でも、焦りや緊張ばかりの時間も禁物。気分がスッキリした時に淡々と、がいいですね。

ハワイ土産

これは生徒さんからのハワイのお土産。この生徒さん、私の生徒さんの中の最高齢、なんと93歳。とても前向きで、素晴らしい人生の先輩なんです。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作などについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

ホームページからでもお問い合わせを受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



動画付きお手本 【や】行編

九州地方の雨がとても心配です。近年の豪雨災害は、これまでの経験が当てにならないほどの威力です。被害が最小限にとどまる事を願うばかりです。そして、いざという時への備えも大切ですね。

さて、ひらがなのお手本もあと少しで終了です。今回はや行(や・ゆ・よ)です。

や行の字の字源
や:也
ゆ:由
よ:与

【や】

「や」のお手本(楷書) (👈クリックして動画をご確認ください)

や


【ゆ】

「ゆ」のお手本(楷書) (👈クリックして動画をご確認ください)

ゆ


【よ】

「よ」のお手本(楷書) (👈クリックして動画をご確認ください)

よ


少しでもお役に立てれば幸いです。
次回は【ら】行編です。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作などについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

ホームページからでもお問い合わせを受け付けております。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。お問い合わせはメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード