スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効果的な書道の学習

2月になりましたね。

今冬は全国的に寒さが厳しく、インフルエンザの流行も例年より早く始まり、野菜は高く、、、何かと大変ですね。私はとにかく体を冷やさないよう、この時期は暖房費節約よりも暖かさを優先しています。以前「三首(首、手首、足首)」を温めると良いと聞き、なるべく意識して三首は冷やさないようにしていたら、実際ここ数年はインフルエンザは勿論、寝込む風邪をひいていません。2月も寒さが続くようなので、もう暫く三首を温めて過ごす事になりそうです。

今回は効果的な書道の学習方法について、私の持論を述べてみたいと思います。

書道の学習と聞き、どのようなイメージをお持ちでしょうか?そのまえに、まずは「書道」の定義を明確にした方がいいですね。私の「書道」は古典に立脚した毛筆による芸術です。お手本の真似を書く作業ではなく、自分の作品を追求するものです。

指導の場では一般的には初心者は初心者向けの教材、中級者は中級者向けの教材と学ぶ者の学習範囲を区切っている場合が多いです。恐らく殆どの競書でもそのような構成になっているでしょう。当然といえば当然です。初めて筆を持つ者にいきなり草書や篆書、隷書を指導する先生はいないはずですから、段階に応じて適切な教材を用いるのは当然です。ただ、この「くくり」の中でしか学習しない、学習させない事には大きな問題があると日々感じています。

よく生徒さんから「私は初心者だから条幅なんてまだまだ先です」という内容の言葉を聞きます。

果たしてそうでしょうか?私は書道の学習においてはこの考え方は違うと強く思っています。

書道の初心者は、基本的な筆使いを身に付ける段階だと思っています。正しい始筆と終筆をはじめ、払いや折れなど、文字を構成する点画の筆使いをマスターすれば、それ以降はその筆使いの組み合わせにより複雑な文字も書けるのですから。

私は初心者の段階がほぼ身に着いたらどんどん多くの経験をすべきと思っています。分かりやすくいえば、同じ字や手本だけを何度も書くだけの稽古ではなく、数多くの字を幅広く書く稽古です。余裕があるのなら、少しずつでも古典臨書にも取り組み、書道の世界の広さや深さに触れる機会を持つべきと思っています。このような体験から書道の鑑賞眼も養われます。

また「半紙が初心者、条幅が上級者」や「古典臨書は初心者には必要ない」という区分けもやめるべきで、初心者には初心者なりの条幅、臨書を書き進めるべきです。私は書道を本格的に勉強するようになって3年目ぐらい、自発的に猛烈に王羲之を学習し、十七帖や尺牘などを見様見真似で臨書していました。師匠のアドバイスにより、半紙での練習が一定量になったら、その部分を半切に書くという内容です。この時の練習が血肉となり、今の自分を支えてくれていると言っても過言ではないと、今振り返って当時の練習を懐かしく思い出す事が度々あります。あの時、師匠が「あなたは習い始めてまだ3年目、十七帖なんて早すぎる」と言ったら私は書家になれなかったでしょう。書道において「臨書」と「創作」を両輪としてバランスよく経験していくことこそが上達の肝です。

イメージが難しいようなら、スポーツで置き換えてみてください。習いたての初心者なら素振りの練習だけでしょうが、慣れてきたら少しずつ実践に役立つ練習をしていきますね。素振りが100点になってからコートに立つ人はいないでしょう。色々な要素をバランスよく積み重ね、そしてコート上で勝つことを目的としているはずです。

そして最後に、今やっている練習の目的意識をしっかり持つ事も忘れずに。これもスポーツと同じですね。目的意識を持つことやイメージトレーニングで効果は変わります。「癖だから・・・」と言い訳する人も多いですが、何度も指摘されてもなかなか直らない事は、メモするなりして練習する前に思い起こして「癖を直すんだ」という意識をもって練習してみてください。

とはいえ、全ての生徒さんに古典臨書や条幅制作を強要しているわけではありません。私は生徒さんひとりひとりに学習内容を確認しながらご指導しています。ただ、習う以上は絶対に上手くなって欲しいと思っていますので、ついついアドバイスがしつこいかもしれませんが私の愛情と受け止めてください。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



スポンサーサイト

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

東京は良いお天気に恵まれたお正月です。昨年は沢山の人に支えられた一年でした。本当にあっという間に過ぎた一年、手帳を見ながら振り返るにも、全てが鮮明で、とても昨年の事のように感じません。きっと今年は更に沢山の人にお世話になるでしょう。自分が好きな仕事を続けられるのは、沢山のサポートのお蔭です。感謝や謙虚、思いやりの気持ちを忘れず、自分の仕事も常に初心を忘れないでいきたいと思います。

年末年始でレッスンはありませんが、帰省せず、この貴重なまとまった時間を今年の個展の準備に充て、大晦日も元旦も、、、創作漬けです。

今年の個展はもともと予定外だったので、創作に向かうにも個展が終わったばかりで次の個展の準備をするのは題材に苦しむ時間が長く、「書きたいのに何を書けばいいのかわからない、しかも時間も限られている」という、精神的に辛い状態が続いていました。

でも「やる」と決めたのは自分。こうなったら限られた時間で、これまでにない経験をしてみようと、徐々にポジティブに切り替えられるようになってきました。

重い気持ちが吹っ切れたのか、この年末年始はいい調子で創作が進んでいます。新作の草稿作りが捗ってきました。出来るだけ多くの草稿を手掛けておきたかったので、今はとても気持ちが軽く、前向きです。

「書の道」の楽しさと難しさ、そこにある充実感を今、改めて感じています。学ぶことばかりです。

明けたばかりの2018年、昨年以上に実りあるものにしたいと思っています。皆様にとっても輝く一年でありますように。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

石本 美帆

DSC_0338.jpg
年末に頂いた桜が満開を迎えました。桜からパワーを頂くお正月、一年のスタートに最高です。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



嬉しいお知らせ

12月も中旬です。今年は例年よりも寒さが厳しいですね。冬は始まったばかり、この先はどうなるんでしょうか?寒さが苦手なので、この冬に来年の個展の作品制作の佳境を迎えなければならないのは苦痛です。体の動きは鈍るし、空気は乾燥するしで二重苦です。でも超えていかなければなりません、ゆっくり一歩一歩です。

先日、友人から嬉しい知らせをもらいました。その友人がプロデュースし、私がロゴを書いた熱海の宿「熱海TENSUI」が新聞社のプロが選ぶ「日本の小宿 10選」に選ばれたそうです。

「日本の小宿 10選」とは、旅行新聞社が発表している「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」という、観光業界で最も歴史のあるランキングイベントが今年43回目を迎え、その中の「日本の小宿10選」で選出されたとの事です。10選の一つに選ばれたなんて、本当に素晴らしいです。

友人がコンセプトやデザインに関わり、ロゴの件も友人から直接依頼を受け、限られた時間で私も精一杯書いたのが、ついこの前のように思い出されます。

これまで一つ一つの仕事に精一杯に取り組んできたつもりですが、このような知らせを頂くと、これからもしっかりと丁寧に仕事をしていこうと初心に返れ、気持ちを新たにできます。

忙しい年末ですが、忙しさに流されずに一つ一つ、平常心で取り組まなければという思いも強くなりました。

写真はレッスンに向かう前に撮影した都内数ヵ所の銀杏並木です。忙しく寒い時に、パッと目に入る都内の紅葉に癒されます。今年は何度か足を止めて撮影しています。

harajuku.jpg

jingumae1.jpg

icho1.jpg

実は創作で今、少々行き詰っていますが、このような嬉しいお知らせや美しい景色を感じながら、少し目線を遠くにもっていこうと思っています。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



距離感

数日前から一気に気温が下がり、真冬のような冷え込みになりましたね。乾燥もひどく、本格的な冬支度の季節となりました。体調を崩していないのが救いですが。

来年の個展に向けてとにかく創作を続けているのですが、どうも進まない。それなりに仕上がり、少しずつ新作も出来ているのですが、この次、そしてさらにその次へと気持ちが乗りません。自己分析すると、いくつか要因はあるのですが、その要因を今すぐ解決する術もありません。とにかく平常心で乗り切るしかないという、これまたじんわりとストレスが蓄積する一方の状態にあります。

例え、一時上手く作品が書けない時期があっても、気力が充実していれば自然と乗り越えられるのですが、今はその反対。私としても初めての体験ですが、とにかく気持ちが前向きにならず、常にモヤモヤしていて苦しいのです。個展ができるのに、贅沢な悩みかもしれませんが、アウトプットしきった直後に新たな作品を作るのはやはり難しいという事を痛感しています。

とはいえ、いつまでもこうしてもいられず、何か手を打たなければなりません。そのために気持ちの変化、行動の変化をここ数日で試みてみました。

・旅行に行った
・無理に書かない
・好きなものを書く(個展用の作品ではない)
・本当にやりたい事を自問自答した
・レッスンでは、通常よりも”ゆるい”雰囲気で

これらの事をしてみました。
大成功という訳ではありませんが、少しではありますが、肩の荷が降りたような気持ちの軽さは感じられるようになりました。力むあまりに視野が狭くなっていたかもしれませんね。

一般的に書道はひとりで作業します。途中、誰かに相談する事はあっても、書き進めるのは本人だし、何を書くのか、何をもって終了とするのか決断するのも本人です。長らく会社組織で働いていた経験があるだけに、たまに組織でプロジェクトを遂行していた過去が懐かしく感じる事があります。そして同時に芸術家の孤独の苦しみをジワジワと感じるようになってきました。どちらが良い、悪いではないのですが、、、

とはいえもう一人の自分は、今の状況は逃げてはいけない、排除してはいけないものと捉えています。

次の個展まで数か月。もう暫く緊張状態が続きますが、その時その時の程よい距離感を手探りで探しつつ、進めていきたいと思っています。

巷では既にクリスマスの飾り付けで賑い出しました。今はなかなか浮かれ気分にはなれませんが、少し深呼吸して立ち止まり、心の余裕を保ち続けたいと思っています。

久しぶりのブログ更新は近況報告になってしまいました。

私以上に多くの仕事を抱え、休みたくても休めない状況の方もいらっしゃいますよね。全ては参考にならないかもしれませんが、目の前がタスクの山で追われている時にも、丁度良い距離感がキープ出来ているのか一息つき、振り返りたいですね。そろそろインフルエンザの流行も気になりますね。体への労りも大切です。頑張るだけではなく、緩めて力を蓄える時間への着目も忘れてはいけません。

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



オーダー作品のご紹介

今年の秋はほとんどなく、このまま冬に突入してしまうのか、と思うほどの気候ですね。寒さだけではなく、雨そして台風も続き、外出が億劫でなりません。今日の晴れ間は貴重です。風邪も流行っているようですが、いかがでしょうか。

今回は納品済みオーダー作品のご紹介をさせて頂きます。

先月、完成を迎え納品した作品。
こちらは来月オープンする「東急ステイ 京都 両替町通」のエレベーターホールに設置頂きました。

今回の作品は、ホテルの象徴となる「アイコニック・アートワーク」として位置付けているとご依頼、ご説明を受けスタートしました。

この「東急ステイ 京都 両替町通」は都内で展開している東急ステイ・ホテルズとして初めて首都圏以外での出店だそうで、マイルストーンとなる今回の新規ホテルにご採用頂いた事に感謝しています。

残念ながら、私はまだ現場を直接見ていないのですが、新しくオープンするホテルで世界中から訪れるゲストの目に触れる場所に設置して頂き、作家としては嬉しい限りです。末永くこのホテルと共に多くのゲストを迎え、見守り、お送りしていく存在であって欲しいと思っています。

オープンは来月ですが既に公式ホームページでは宿泊予約を受け付けています。

京都を訪れる際には、是非宜しくお願い致します。

kyoto1.jpg

kyoto2.jpg

ずっと創作漬けの生活で疲れを感じてはいるものの、そんな中でも少しずつ次の作品のアイデアも浮かんできました。次の個展に向けて鋭意、創作中です。

芸術の秋を楽しみたいですね

********************************************************************
レッスンや作品制作、作品レンタル等のお問い合わせはこのブログのメールフォーム(プロフィールの下にあります)、またはコメントからお願いします。

レッスンについては
「教えるのが上手な先生.com」(「音楽・芸術」分野に登録)
「LESSSON(レッソン)」(レッスン全般について)
「LESSSON(レッソン)」(作品制作、パフォーマンスなどについて)
からでも受け付けております。

作品レンタルの詳細はこちらをご覧ください。

些細な事でもお気軽にお問い合わせ下さい。
********************************************************************



プロフィール

書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住

美帆

Author:美帆
書道家(書道師範)、東京生まれ、北海道育ち、現在都内在住。あおい書道教室を主宰、大人から子供までを指導。

毎週月曜日夜間クラス(場所:新橋、成人対象)、隔週火曜日午後クラス(場所:高島平)の生徒募集中です。お問い合わせはメールフォームからお願いします。

出張指導にも応じています。プライベート、グループ(企業・団体への出張可)でのレッスンなど初心者から師範取得まで柔軟に対応いたします(級、段の取得可能)。

いまさら聞けない筆使いの基本、臨書の学習方法、創作の基本、理論などに特化した経験者向けの指導も可能です。既に他の教室で習っているものの行き詰まりを感じている方、伸び悩んでいると感じている方、私をセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

大文字の揮毫(パフォーマンス)、アートワーク制作、看板文字、ロゴデザイン制作なども承っております。お気軽にメールフォームよりお問い合わせください。

(注)プライベートレッスンについては、女性限定とさせていただいております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。